導入事例

ご利用法人様の声_002

この度宮城県のT社様に、社内での安全運転の取り組みについてお伺いしました。

T社様よろしくおねがいします。
御社では普段、どのくらいお仕事で車に乗られていますか?
「多い車で月間5,000kmくらいになります」

今回、車両速度リミッターを付けようと思われたきっかけを教えてください。
「当社では社内で速度超過をしない運動をしています。どうしても長距離運転をする社員は運転時間が長くなり、集中力が続かない時に速度超過が散見されます。人の注意力には限界があるので、機械的にスピード超過を抑制したいと思い、今回導入させてもらいました。」

普段、安全運転を心がけているポイントはありますか?
「常に時間には余裕を持ちましょう、最低でも10分前行動」という働きかけをしています。仮に200km先の目的地であれば、移動距離に準じた余裕時間を持つこと。あとは速度を出さないということですね。

最近、高速道路でのあおり運転、高齢者による市街地での暴走など、悪質な事件、事故が多いのですが、そういった事件をどう思われますか?
世の中がこれだけ機器(ハード)が発達してきているので、人の注意力に依存しない対策を取りたいと思っています。高齢化社会は我々が受け入れなければいけない現実です。そこを僕たちがやってみて、ハードでカバーできるようにする。そういう社会になれば、みんなが幸せになれると思います。

最後に
T社様、この度は「イカヅチ・リミテッド」のご利用ありがとうございました。インタビューにご協力頂いたT社様には特性マグネットステッカーをプレゼントいたします。これからも、どうぞご安全に!

イカヅチ・リミテッド_マグネットステッカー

2019.10.30
インタビューアー
鈴木